お願い

※当ブログに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮ください。

2017年12月7日木曜日

Jリーグ内定記者会見

こんにちは!
12月6日にJリーグ内定記者会見が和泉キャンパス図書館行われました!

いち早く会場に到着していた
佐藤凌、住永
先輩の姿を見に駆けつけました!


少し早く会場に入らせていただくと、
めいじろうと愛媛FCのマスコットであるオーレ君がスタンバイしていました♪




会場にいた4人!
なんだか様子がおかしいなと思ったら
とても緊張しているようでした。。!

会場の準備が整いました!

1時より記者会見がスタートしました!


6名の挨拶を抜粋して紹介させていただきます!
まず初めに、井上部長よりご挨拶がありました。

「今年4選手をJリーグに送ることが出来ることということは、
明治大学にとっても体育会サッカー部にとっても栄誉なことです。
今年のシーズンは選手たちにとっては全体的には苦しみの連続で、
当初目標に掲げていた三冠のうちの二つのタイトルをとることは出来ませんでした。
しかし、
個々の選手の活躍ぶりは、輝かしいものであり、
評価すべきところは多々あります。その結果が今回のJリーグ内定という形に表れたのだと思います。

目標に達することは出来なかったが、大学リーグ戦は4位、総理大臣杯は準優勝。
他の大学から見ればうらやましいと思われる成果を上げていることには間違いないが、
三冠を掲げていただけに、選手たちは大変悔しい思いをしています。

この悔しさを、インカレにつなげて、
すぐ先に控えているインカレで活躍に期待しています。」


続いて栗田監督のご挨拶です。

「本年も明治大学より4名のプロサッカー選手が誕生することになりました。

この一年間を通して、感じることは
関東大学サッカーのレベルの高さ、
少しでも気を抜くと順位が落ちてしまうということを感じました。
この10年間の関東大学サッカーリーグで1部に在籍し続けているのは当部と、
流通経済大学の2チームだけです。
それだけレベルの高い環境で、
日々学生が切磋琢磨しています。

10年間の中で5位が1度、4位が今年の1度、
それ以外はすべて3位以内という結果で、
5位以内でこの10年間活動をしています。

4位でインカレ出場しますが、9年連続でインカレに出れるということは積み重ねと、
学生の日々の頑張りであるということを評価したいと思います。
チーム内での熾烈なレギュラー争いの中で、選手たちが日々自分と向き合い、切磋琢磨できる環境があること。心技体を鍛え、判断力、決断力、責任力が身につくこと。
これがプロ選手を輩出している要因であると思っています。

インカレでは攻守においてアグレッシブに展開して、
最後に明治の名が残せるように戦っていきたいと思います。」


選手一人目は木戸です。
「自分はFWということもあり、
ゴールに直結する動き出し、シュート力が持ち味です。
4年間で最も記憶に残っているのは、
サッカー人生初の全国優勝を果たした3年次の総理大臣杯優勝。
今シーズンを振り返ると、リーグ戦、総理大臣杯と悔しい思いをしてきました。
インカレでは残り一つのタイトルを獲るべく、
部員、スタッフマネージャ―一丸となって挑みます。
プロ入り後は、得点という形でチームに貢献し、J1復帰を果たしたいと思います。」


続いて柴戸です。
「持ち味はハードワークや球際の強さ。
2年生から公式戦に出場してきた中で感じたのは、
チームの為に献身的にプレーすることは自分の成長に繋がるということです。
大学生活の中で思い出に残っていることは、
総理大臣杯で法政大学に負けてしまったこと。
徐々にチームの調子が上向いてきたところで最後勝ちきれなかったことがとても悔しく、
自分の力の無さを改めて感じたからです。
今年はまだタイトルがないので、インカレは必ず優勝します。」

3人目は鳥海です。
「プレーの特徴は、スピードのある守備と後ろからのビルドアップ。
大学時代、印象に残っているのは2016年度の総理大臣杯優勝です。
今までのサッカー人生の中で日本一になったことがなかったので、貴重な経験となりました。

今後のインカレの目標は、もちろん優勝。
僕自身、後期リーグはけがで迷惑をかけてしまったので、
インカレの舞台で、チームを優勝することだけを考えて全力を尽くしたいと思います。

ジェフ千葉はJ1にいなければいけないチームなので、
J1復帰に貢献できるように全力を尽くしたいと思います。」


最後に山崎です。
「プレーの特徴は、体の強さを生かした守備、最終ラインからのビルドアップと縦パス。
4年間で思い出に残っていることは総理大臣杯の準優勝です。
昨年日本一をとって、自分たちの代でも日本一をとろうといき込んでいた大会なだけに、
最後に一発でやられてしまったことに悔しさを感じましたし、
自分自身決勝という舞台に立てなかったこと、
チームを勝たせることが出来なかったことがとても悔しかったです。

まずは目の前にあるインカレに全力を尽くしたい。
加入後は愛媛FCに勝利をもたらす選手になりたいです。」



次に記者の方との質疑応答がありました。

Q4年間で成長できたことは
木戸→守備の部分
柴戸→得点を奪う力
鳥海→個の強さ
山崎→自ら考える力

Q対戦したい選手
木戸→鳥海、山崎と対戦したい
将来的には日本を代表
柴戸→2個上の先輩現名古屋グランパスの和泉選手
鳥海→横にいる三人
山崎→木戸とマッチアップしたい


それぞれ、しっかりと記者の方の質問に答えていました!

質疑応答の後、
写真撮影が行われました!
最初の写真、
表情が硬い4人!

記者の方からの「笑って~」のことばで
だんだん表情が明るくなってきました☆
ガッツポーズ♪

続いてそれぞれのキャラクターと一緒に撮影です!☆

鳥海は、ジェフィがお気に入りの様子♪

マネージャ―日記用に
カメラ目線をいただきました!

とってもキュートな写真ですね!


記者の方の撮影が終わると
学生も写真撮影☆
サッカー部の部員も記者会見を見に来ていました!

写真撮影の次は
抽選会☆
アビスパ福岡のタオル30枚という太っ腹なプレゼントに
会場がざわつきました!

1人1人
当選者を発表していきます!

愛媛FCからのプレゼントは
かわいいぬいぐるみでした!

そして記者からの
囲み取材を受けます!

囲み取材が終わるのをまちます☆
柴戸、住永、佐藤凌、持井

全員当選☆
笠原と住永と佐藤凌はアビスパ福岡のタオル♪
先に会場を出てしまった岸本はジェフユナイテッドのタオル♪
持井は一つしかなかった愛媛FCのたま姫ちゃんをゲット!


囲み取材の後に
4選手と学生で
集合写真を撮りました!

最後はサイン会、撮影会です!

レッズのユニフォーム、タオルを持参していた
柴田のお友達

オーレ君と
たま姫ちゃん☆

そこに山崎♪

「あ、あのう、僕、
ファンなんです~」 

「サインしてください~」

柴田はいただいためいじろうに山崎のサインを
もらっていました☆

記念撮影☆

アビスパのタオルが当選した
1年生3人と木戸♪


会場に来ていたサッカー部の部員で撮影しました☆

記者会見の後、
お腹がすいたみんなで学食を食べに行きました!
鳥海は2000㎉もある定食を食べていました!

写真は以上です!

多くの記者の方々、学生の皆様が来てくださって、
大いに盛り上がった記者会見でした♪
このような機会を設けてくださった、明治大学広報課の皆様
ありがとうございました!

4選手は来年もサッカーを続けますが、
今は目の前にあるインカレでタイトルをとることが
私たちサッカー部の目標です。

チーム全員が自分の役割を全うし
最後の最後まで切磋琢磨して、
日本一を目指します!
応援よろしくお願いいたします!

マネージャー 大橋






2017年12月3日日曜日

TRM vs専修大学


こんにちは!
更新が遅くなり申し訳ございません。
3日に行われたTRMvs専修大学の様子をお伝えいたします!

アップスタートです!
長沢

早川

フィールドの選手はストレッチです!

小柏

袴田

小野

岩武

山崎

中村健

小野

土居

円陣を組みます!!
先週のTRMで出た反省を
インカレに向けてまずは今日に生かします!

1本目です!
先発GKは長沢です☆

山崎

山崎 袴田 渡辺

柴戸

3.4本目の選手が一列に並んで試合を見ていました☆

袴田

中村健
中村からのパスに・・

土居が合わせますが、ゴールにはなりません

岩武

渡辺

小野

中村健

土居

安部

岩武

渡辺

小柏

山崎
ゴールを狙います!!

山崎のシュートは相手に阻まれますが
こぼれ球に袴田!


これが決まりました☆

マルチボール係の押本
ボールと見つめ合っていました・・

先ほどの袴田のゴールを含む
計4得点で1本目は終了しました!

選手たちは真剣に監督の話を聞きます

2本目スタートです!
日差しもだんだん強まり、少し動くと汗ばむ気候になりました
24分に小柏が追加点を決めます☆
渡辺

中村健

山崎

安部

袴田


相手DF二人相手にボールをキープしているのは土居です!


2本合計5-0で終了です!
先週のTRMでは悔しさが残る結果だっただけに
5得点且つ無失点で終わることができたことは
プラスに捉えることができると思います!

トレルーから試合を見ていました☆
可愛くピースしてくれました!
瀬古

補助学をしに来た1年生!
手前の二人だけカメラに気付いてくれました♪
神崎 力安 早川 須貝 坂本

2本目終了後、アイシングをがちがちに巻いている人を発見、、

小野でした!
前に怪我したところのケアをしっかりしていました!

3本目スタートです☆ 
木戸

開始7分で村田が得点を決め1-0です!
木戸

髪型もしっかり決まっています♪

右SB
中村帆

森下

牛之濱

本日、母校の桐蔭学園の選手権出場が決まり
とても喜んでいました☆☆
早川

裏を抜けた金原

シュートを放ちますが、外れてしまいます!

順調に回復し、本調子に戻ってきました!
村田

森下

中村帆
ゴール前で相手に挟まれます!

木戸
ゴールを決められずこの表情、、!

上夷

金原がCKを蹴ります!


木戸

中村帆

森下

中村帆

再び2点目を狙います!
村田

しかし隙をつかれて失点をしてしまいます!

橋岡

失点から3分後、ぼやけてしまいましたが、森下!

その森下から富田へパスがわたります!

冷静にキーパーをかわし、、

シュートが入りました!
富田

とてもかっこよいシーンな気がします♪
富田





木戸がすぐに駆け寄ってきます!



金原も富田とハイタッチで喜んでいます☆

村田も嬉しそうです!

牛之濱

中央に入ってきたボールに走りますが
少し合いませんでした、、!


ここで3本目終了!
2-1でメンバー変わらず4本目にはいります☆

富田

木戸

富田

球際も厳しくいきます!
牛之濱

村田


開始早々、ヘディングで得点を決めました!
上夷

橋岡

何度もオーバーラップをしていました!
橋岡

「明治行こう!」とチームを鼓舞している姿が
印象的でした!
森下

キーパーは石田です!

上夷

富田、橋岡

57分に金原が得点します!
4-1です!


主将と副主将の抱擁です!
金原、木戸

再び失点をゆるし4-2となりますが、
切り替えて点を狙います!
牛之濱

森下

ライン際の戦いが繰り広げられていました!



木戸のヘディングは枠外でした

ボールを急いで拾いに行って(転んだ)岩田に対して
この笑みを浮かべていた上船コーチ、、!



後半は明治のチャンスが増えます!
中村帆




2点目を入れ、5-2とします!
金原

富田

牛之濱

シュートをどんどん打ちます!
木戸

村田

村田

ここで試合終了!
1,2本目合計5-0
3,4本目合計5-2
で10-2でした☆



ミーティング後にオフショットをお願いしたら、
後ろ姿でいいよと上夷、牛之濱
とっても仲のいい縦のお2人です☆
「身長は俺のほうが高いけどね~」という上夷に
牛之濱は何とも言えない表情をしていました!

1人は嫌や~と辻

ということで牛之濱と!

橋岡も加わり3人で!
橋岡、牛之濱、辻

「近いわー!」と笑いながら怒られてしまいました♪
木戸

片付け中の早川

STが紅白戦中ということで3人で片付けをしていました!
お疲れ様☆
狩土名、坂本、早川

こちらは紅白戦後の1年生!
佐藤凌、神崎、常本、蓮川、時里、須貝、岩田、持井

撮り終えたところで、力安が撮ってくださいということで♪
佐藤凌、神崎、常本、蓮川、時里、須貝、岩田、持井、力安

「まだ撮らないで~~」とカメラをさえぎながら来たこの方は、、?



佐藤揺でした!
佐藤凌、神崎、常本、蓮川、佐藤揺、時里、
須貝、岩田、持井、力安

グラウンドをジョグしていた後藤、長津、山上


後藤はとっても近くまで来てくれました☆

一人でシュート練習をしていた佐藤亮
快くピンショットを引き受けてくれました☆

続いて近くにいた岡も♪
岡、佐藤亮



こちらは芝生で黄昏ていた3人です!
芹澤、小池、篠原
解散式まであと22日ということで小池はこのポーズ!
「毎日俺のこと撮って~」とお願いされたものの、
明日はオフなので早速無理なことが判明、、

ということで、お先にあと21日のポーズも
撮ってもらいました!!
一応、別の日に撮ったていです、、!
篠原、小池、芹澤

最後は、カメラを待ちわびていた3人です!
曽根、柴田、小野寺

前の3人組に続いて、
解散式まであと20日のポーズをしてくれました☆
曽根、柴田、小野寺

最後は「そんなん寂しいやんか~」と
横になってしまう柴田でした、、!
今年度の活動もあと1か月を切ってしまうと、
あっという間で寂しいものがありますね。。
写真は以上になります!
TOPもSTもトーナメント戦を意識して
取り組んでいた印象を受けました。
来週はインカレ前最後の
練習試合が行われます!
12月9日(土)
TRM vs中央大学
10:00 kick off 45×3
TRM vs桐蔭横浜大学
13:00 kick off 45×3
12月10日(日)
TRM vs福岡大学
14:30 kick off 45×2
すべて八幡山グラウンドにて行われます!
ぜひお誘いあわせの上見に来てください☆
マネージャー 佐藤、吉光寺